まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

683. 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は、現在、日本で失明原因第4位を占める病気です。

もともと欧米では、
失明原因第1位を占める病気でしたが、
抗VEGF療法抗VEGF抗体を眼内に注射する方法)が開発されてからは、
激減してきています。

それでも、一度症状が進行すると、まだまだ失明に至る症例も多いのが実情です。

そこで大事になってくるのが、
加齢黄斑変性症予防です。

加齢黄斑変性症には、いくつかの前駆病変が知られています。
物が歪んで見える症状で発症するのが一般的ですが、
症状が出る前であっても、眼底検査OCT検査(目のCT検査)で簡単に診断することが可能です。

加齢黄斑変性症予防の三大要素は、禁煙、サプリメント、光の防御です。

喫煙者の病気のリスクは4倍になります。
また
禁煙してからそのリスクが半減するまでは、10年もかかるといわれています。

サプリメントは、病気への進行が25%抑制されることが知られています。

また
光の防御にはサングラスの着用のほか、
白内障手術の時に特殊に着色された眼内レンズを使用することなどがあげられます。


加齢黄斑変性症発症すると、その反対眼にも5年以内43%と高率に発症することが知られています。
できる限り、以上にお話した
予防を行い、少しでもリスクを減らしておくことが大事です。

気になる方はご相談くださいませ。

院長まつやま


2022-11-29 16:19:36

682. 平均寿命

平均寿命とは、今後、死亡状況が変化しないと仮定して、
その年に生まれた0歳児平均で何歳まで生きられるかを予測した数値です。

2022年平均寿命は、女性87.57歳男性81.47歳でした。
2021年は、コロナの影響で10年ぶりに平均寿命減少していましたが、
2022年は過去最高を更新しています。
ちなみに、その前に平均寿命が減少したのは、東日本大震災のあった2011年でした。

かつては、男女とも世界一平均寿命でしたが、
現在は、女性世界2位男性3位となっています。

ちなみに、女性では、平均寿命1位から3位は、香港、日本、スペイン
男性では、1位から3位は、香港、スイス、日本となっています。


寝たきりになったりせずに生活できる寿命を健康寿命といいますが、
健康寿命男性72.68歳女性75.38歳です。
つまり、平均ではありますが、
男性約9年女性約13年介護生活をしていることになります。
この健康寿命を、どれだけ平均寿命に近づけることができるかが
今後の課題となります。

院長まつやま

2022-11-15 17:24:40

681. 仮装用コンタクトレンズにご注意

ハロウィーンはいつの間にか、日本では仮装大会として定着してしまいましたが、
本場アメリカでも子供が盛り上がる最もポピュラーなイベントのひとつです。

しかし、アメリカでもハロウィーンの仮装に凝るあまり、
目の色を変えるための仮装用コンタクトレンズ(CL)をする人が多くいます。

ある研究によると、美容用CLカラコンの使用により、
角膜炎のリスクは16倍以上増加するといわれます。

そこでアメリカの眼科学会は、
ハロウィーンに先立って、仮装用CLを使用する際の注意事項を発表しました。

・仮装用や美容用のコンタクトレンズは、処方箋提出が必要な小売店や眼科医から購入すること
・購入の際は正規の処方箋を入手すること
・視力が正常であっても検査と処方を受け、「フリーサイズ」や「眼科受診の必要なし」といった宣伝文句を信用しないこと
・洗浄や消毒、着用の際は製品の注意書きに従うこと
・他人とレンズを共有しないこと
・異常を感じた時は使用を中止して、受診すること

などを推奨しています。

仮装用CLで目立ちたい気持ちもわからなくもないですが、
たかがコンタクトと高をくくっていると痛い目にあうこともあります。

大事な目のケアを優先していただけると幸いです。

院長まつやま


2022-10-31 13:11:00

680. ネコひっかき病

ネコイヌとともに、もっとも一般的なペットです。
ある統計によると、ネコの生涯必要経費は軽く100万円を超えており、まさにファミリーの1人です。

ネコにまつわる人間の病気としてもっとも多いのは、
ネコに寄生するノミによるノミ刺されです。
また、目にも関係するネコの病気と言えば、ネコひっかき病といわれる有名な病気があります。

名前は可愛いですが、症状は決して可愛らしいものではありません。
しかもネコの中でも、子猫にひっかれた時のほうがより発症しやすいとのことですので、
余計に厄介です。

症状としては、
受傷部位に一致した皮膚症状リンパ節の腫れ、痛みなどですが、
これらは通常は数か月で治ります。

問題はその後です。
忘れたころに、目のかすみが発症してくることがあります。

原因はネコやそのノミに寄生する細菌です。
自然治癒したと思われていた細菌が、血液の流れによってに目に寄生し、
網膜や脈絡膜、視神経に炎症を起こすのです。
炎症の場所によっては、視力が低下したままとなってしまいます。

なんと、飼いネコ4割にこの細菌が感染しているとのこと。
ネコの口腔内にも細菌がいるとのことですので、むやみにネコキスするのもアウトです。

心当たりがある方は、早めの治療が必要ですので、早めに受診してくださいませ。

院長まつやま

2022-10-20 14:03:05

679. 秋の花粉症

花粉症スギ花粉の飛散シーズンに発症する人が多く、
いまは、春の風物詩にもなっています。

ところが、が深まるこの時期にも、花粉症が流行します。

春の花粉症の原因は、主にスギヒノキ、カバノキ科などの木の花粉です。
一方で、秋の花粉症の原因は、
イネ科の草やブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの草の花粉によります。

イネ科といっても、問題となるイネ科の草は田んぼに実っている稲ではありません。
花粉症の原因となるイネ科の植物はたくさんあり、
4~7月カモガヤハルガヤ
6~8月ギョウギシバ
5~8月オオアワガエリ
8月~9月アシススキなどのイネ科の花粉が多く飛散します。

しかし、もっとも多くの原因となる秋の花粉症は、ブタクサヨモギです。
これらは日本全国に発生する植物であり、9~10月に飛散のピークを迎えます。

ブタクサはキク科の一年草で、原産は北アメリカであり、
黄色くて小さな花を大量につけます。
実際に、原産地である北米大陸では、花粉症といえばブタクサがメインであり、
全人口の5~15%ブタクサ花粉症との統計もあるそうです。

一方のヨモギはキク科の多年草で、日本全国に自生しています。
昔から、草餅の材料に使われたり、お灸のもぐさや漢方の原料にもなっていますが、
この時期には花をさかせ、多量の花粉を飛ばします。

また、あまり聞きなれないかもしれませんが、カナムグラも有名です。
長くつるを伸ばし周囲に絡みつき、辺り一面を覆ってしまうほど、繁殖力が強いとされています。

いづれも症状は、アレルギー性結膜炎アレルギー性鼻炎として現れてきますので、
春の花粉症と同様の所見が出てくる場合には、点眼内服による治療が必要となります。

院長まつやま



 

2022-10-07 09:30:27

678. ドライアイの有病率

ドライアイは世界でもっとも患者数の多い眼疾患といわれています。

また、高齢者になるほどドライアイの有病率が高くなることが知られています。
実際に、日本での調査では、高齢者7割以上ドライアイと診断されています。

また、最近はパソコンを使って仕事をする人が多いため、
いわゆるVDT症候群に伴うドライアイも問題となってきています。

ある調査では、VDT作業者ドライアイかその疑いの人は、
男性6割以上女性7割5分以上にものぼるそうです。

さらに、最近ではスマホ依存が問題となってきていますが、
高校生を対象としたドライアイ有病率に関する調査では、
男子4%女子8%も存在しており、
若者でもドライアイが増加してきている可能性が指摘されています。

ドライアイは単に目の違和感だけにとどまらず、
重症になると、仕事の欠勤などの労働生産性の低下につながります。
とある試算によると、ドライアイによる社会的損失は、
1人年間60万円以上にもなるといわれています。

目に違和感がある方や疲れやすい方は、一度、ドライアイのチェックをされてみてください。

院長まつやま

2022-09-27 15:57:19

677. 糖尿病と網膜症

現在、日本では糖尿病患者が急激に増加してきています。

平成28年度の調査では、糖尿病が強く疑われる患者は全国で約1000万人となっており、
実に成人の11人に1人糖尿病患者であることを示しています。

また糖尿病の目の病気である糖尿病網膜症に限っては、約300万人の患者がいると推計されています。

最新の視覚障害の原因の統計では、
1位緑内障
2位網膜色素変性症
3位糖尿病網膜症
となっています。

また糖尿病網膜症視覚障害の多くは、働き盛りの世代に集中しており、
これがまた社会問題になっています。

糖尿病網膜症進行すればするほど重症度も加速することから、
糖尿病網膜症による視覚障害減少させるには、
まずは糖尿病患者の眼科受診率を向上させることしか手はありません。

糖尿病網膜症リスク因子に関しては、
網膜症がない人は、糖尿病に罹った期間、HbA1c血圧
また網膜症がすでにある人HbA1cとなっています。

例えば、HbA1c7%未満の患者と比較すると、
7%~8%網膜症発症リスクは2倍
8%~10%のリスクは3.5倍
10%以上7.6倍
になることが明らかとなっています。

また年齢肥満度腎機能も影響するほか、重症低血糖の有無も影響しやすいとされています。

つまり、網膜症の治療は眼科でしかできませんが、
網膜症発症進行を食い止めるには内科の先生の協力なくしては成り立たないのです。

現在は、外来に糖尿病手帳を持参していただく患者さんも増えてきました。
そこには、HbA1cだけでなく、血圧、腎機能、体重の記載欄もあります。
糖尿病に対しては、内科医眼科医協力して、治療していくことが大事です。

院長まつやま

2022-09-10 08:45:49

676. 野菜や果物の効果

野菜果物は健康にいいといわれますが、
その根拠を大規模に調査した研究は、意外にも国内にはありません。

このたび、国立がん研究所から、それを裏付ける報告がでてきています。

研究では、40~69歳の男女約9万5000人に食事に関するアンケートをとり、
その後の約20年間を追跡調査しています。
その調査期間中に、約2万4000人の被験者が死亡していますが、
野菜果物を多く食べる人は、そうでない人と比べ、20年以内死亡するリスクが7~8%低かったとする研究です。

調査の方法ですが、1日あたりの野菜果物の摂取量を推計し、死亡リスクを解析しています。
その結果、果物の摂取量が多いグループでは8%野菜では同様に7%死亡リスク低下していました。

ただし、残念ながら、「野菜、果物ともに摂取量が多ければ多いほど、死亡リスクが下がる」というわけではありませんでした。

この研究では、長生きするためには、野菜1日300g以上果物140g以上の摂取を推奨しています。

野菜や果物の物価が高騰している中、上記の摂取量を毎日摂取するのはなかなか大変なこととは思いますが、
このことを気にする生活をするだけでも、より健康な生活ができるのではないでしょうか。

院長まつやま


 

2022-09-08 13:07:59

675. 眼底の自撮り写真

現在、若い世代では、スマホ自撮りの写真をとり、
それをインスタグラムなどのSNSに可愛らしく加工してアップするのが流行っています。

一般的なカメラでは対象物をファインダーで覗きながら撮影するため自分自身を撮影することは困難ですが、

スマホでは簡単に自分自身を撮影することが可能です。

眼科眼底疾患を診断するときに眼底写真というものを撮られたことがある人も多いかもしれません。
眼底撮影は、実際にカメラで患者さんの眼底を覗き込みながら撮影するため、なかなかスキルを必要とします。
また、自分で自分自身の眼底写真を撮ることは不可能です。

ところが、このたび日本で自分の眼底自撮りできる
小型眼底カメラのシステムが開発されました。
これを可能にしたのは高速ビジョン近赤外光技術といわれる技術です。


高速ビジョンとは、1秒間1000枚の画像を処理することのできる技術で、
自動運転技術にも応用されています。
この技術で高速運動する眼球をトラッキングし、正確に眼底の毛細血管をとらえるのです。

また
近赤外光は全くまぶしさを感じないため、十分な強さの光を眼底に到達させることができます。
さらに得られた白黒写真からカラーの眼底写真を再現することも可能です。

今後さらにカメラ小型化させ、将来的にはこの技術を
スマホに搭載させる予定まであるそうです。

自宅で簡単に
眼底写真自撮りができるようになれば、
生活習慣病眼底疾患緑内障などの病気を簡単にセルフチェックすることも可能になるかもしれません。

今後の技術の発達に期待がふくらみます。

院長まつやま


2022-09-06 17:33:47

674. 寝起き

私自身も朝は得意なほうではなく、出勤のギリギリまでベッドにはいっていることが多いのですが、
同様に、「寝起きが悪い」方や「朝起きるのが苦手」という方は、案外多いのではないかと思います。

最近の研究では、これらの症状にも、ある程度は
遺伝子が関係していることがわかってきています。

イギリス約70万人
遺伝子データ解析から、
いわゆる朝型人間か、夜型人間かは
遺伝的要因によって決まることが報告されています。

これに関連する遺伝子は、なんと300個以上にものぼるとのこと。

また朝型人間
うつ統合失調症になりにくい傾向があり、
健康が向上しやすいこともわかってきています。

社会生活をおくるうえでは大切とされる朝型の習慣ですが、
寝起きが悪いのは決して不摂生や根性だけの問題ではなく、
とりあえず遺伝子も関係すると考えると、少し楽になる気がします…

院長まつやま


2022-09-02 13:37:04

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5