まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック

医療のトピック

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

レオナルド・ダ・ヴィンチ


モナリザで有名な天才芸術家ダ・ヴィンチですが、「彼の傑作の数々は斜視のおかげでは」との論文が昨年イギリスで発表されました。
彼のデッサンから瞳孔の位置を計算したところ、左眼に
間歇性外斜視があったと判断されるそうです。
間歇性外斜視は通常の状態では特に斜視はなく立体視も良好ですが、疲れた時にだけ外斜視を発症し、片目でものを見るようになります。
ダ・ヴィンチも疲れた時にだけ片目でデッサンしていたことが推測され、そのおかげで2次元のキャンバスに立体的にものを描写する能力が高まったと考えられています。わずかな奥行きを表現するために何重にも陰影をつける3次元モデリングという彼独特の手法が間歇性外斜視の賜物だったとは驚きの事実です。
しかし間歇性外斜視そのものが視覚的なメリットをもたらしうるとは眼科的にも考えにくく、ダ・ヴィンチが単純に優れた芸術家だったということは疑う余地はないと思われます。

院長まつやま

2019-02-15 10:04:03

コメント(0)

眼科の医療費控除

医療費控除とは、一定額以上の医療費を年間で支払った場合に、納めた税金の一部が戻ってくる制度です。
病院での治療費や入院費、薬剤費はもとより保険適応外の歯の矯正などもこの医療費控除の対象となります。

眼科においても、白内障手術など通常の保険適応の手術はもちろんのこと、保険適応外の
レーシック手術や多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術目の機能を医学的に回復させる手術として治療の対価と認められ、医療費控除の対象となります。
しかし残念ながら、通常の
メガネやコンタクトレンズはその対象とはなりません。これらは視力を回復させる治療の対価ではなく、日常生活の必要性に基づき購入するものとされているからです。ただし、斜視や白内障、緑内障などの手術後で短期間の機能回復のために装用するメガネやコンタクトレンズ、また幼児の弱視治療のために装用するメガネなど、治療のために必要として医師からの指示で装用するものは治療の一環として認められるため、医療費控除の対象となります。

もし眼科の医療費控除についてわかりにくい場合は、外来にてお聞きくださいませ。

院長まつやま

2019-02-14 12:46:25

コメント(0)

10連休の医療問題-広島市の対応

先日、ブログで提議した医療の10連休問題。やっと広島市内の対応が決まってきました。

県立広島病院、広島赤十字・日赤病院、安佐市民病院4/30(月)と5/2(木)の2日間、広島市民病院4/30(月)、5/1(水)、5/2(木)の3日間、広島がん高精度放射線治療センター4日間の開院予定、広島大学病院はスタッフのことを考えてまるまる10連休の予定だそうです。
総合病院の連休中の開院は「患者数が見込めず収益に見合わない可能性がある」ものの、救急外来のパンクや連休明けの混雑を避けたいとする意向が強いようです。また
放射線治療人工透析は治療継続が必要な患者さんがいるためほぼ平常通りの対応となり、その他の急患は原則は休日当番医での対応になるとのことでした。
しかし以前、議論されていたような当番医の増員はなく、通常の休日当番通りの対応とのこと。少なくとも
3月中には医師会のホームページで10連休中の当番医が公表されるとのことですので、是非チェックしておいてくださいませ。

ちなみに、
まつやま眼科は5/4(土)は眼科の休日当番として朝9時から夕方6時まで開院の予定です。どうぞ宜しくお願い致します。

院長まつやま

2019-02-12 08:54:40

コメント(0)

ペットの白内障手術

ペットは今や家族の一員であり、ペットを飼っている家庭は16%にも及びます。
飼育環境の向上や予防医学の進歩により、ペットの世界でも高齢化が問題となっていますが、高齢化に伴い犬やネコにも白内障は必発です。私自身も犬を飼っていましたが、目を覗きこむと瞳が白くかすみ、散歩中あちこちぶつかりながら歩くようになります。

ペットの白内障には人と同様に手術を行います。ヒト用の白内障手術の器械を使って犬・ネコの手術も行いますが、意外にも動物の白内障手術は解剖学的に人よりも難しいとされ、費用も人の約3倍もします。
ヒトの場合と同じく水晶体の濁りを取り除いた後は犬・ネコ専用の眼内レンズを挿入し、ピントを合いやすくします。
また術後は炎症が強いため、写真のようなエリザベスカラーといわれる保護具を首周りに装用し、術後の感染予防に努めなければいけません。

治療費もバカになりませんが、やはりペットといえどもかけがいのない家族の一員。愛情と責任をもって最後まで面倒を見てあげなくてはいけませんね。

院長まつやま

2019-01-30 09:00:31

コメント(0)

インフルエンザ、過去最高を更新

毎年、この時期になると猛威をふるうインフルエンザ。ピークは毎年1月の終わりから2月にかけてですが、今年は調査が始まった1999年以降、過去最高の患者数になりそうです。

インフルエンザ患者の数は全国で決められた5000か所の医療機関において1週間に来院した患者数の平均で比較することになっていますが、今年はすでに54人を超えています。ちなみに1人で
流行期1029人で注意報30人以上で警報ですので、今年はかなりの流行を意味します。今期の累計でもすでに541万人の罹患者がいるとのことですので、まさに日本の人口の20人に1人はインフルエンザにかかっていることになります。

また今期はインフルエンザの新薬「
ゾフルーザ」がでたことでも注目を集めています。今までの薬がウイルスの拡散を防ぐのに対して、この新薬はウイルスの増殖を防ぎ、1回の内服のみでいいとのふれこみで期待されていました。
ところが早くもこの新薬が効かないインフルエンザもでてきています。
臨床試験の段階でも4人に1人は耐性ウイルスが検出されたとのことですので、前評判の割には意外と効きが悪いのかもしれません。

人類の歴史はウイルスとの闘いの歴史でもあります。これから受験を迎える皆さん、是非、免疫力を高めてがんばってくださいね。

院長まつやま

2019-01-26 08:57:27

コメント(0)

インフルエンザ

例年1月後半から2月にかけてピークを迎えるインフルエンザの流行期。今年も広島ではすでに警報レベルまで患者数が増加してきています。
インフルエンザとはインフルエンザウイルスを原因とする呼吸器感染症であり、一般的な風邪に比べ全身症状が強いのが特徴です。通常は13日間の潜伏期を経て38度以上の発熱・咳・鼻水・頭痛・全身倦怠感・筋肉痛などの症状が現れます。重症化すると、小児では急性脳症、高齢者では肺炎を合併することがあり、注意が必要です。
感染予防として
ワクチンの接種が励行されていますが、「ワクチンをうったのにインフルエンザにかかってしまった」という話をよく聞きます。ワクチンの接種によりインフルエンザの抗体ができ、インフルエンザにかかりにくくはなりますが、完全に感染を防ぐことはできません。しかしながら重症化を抑える効果はあるようで、死亡率が1/5に、また入院率が1/2に低下するという報告もあります。
最近はインフルエンザに対する新薬も登場していますので、もし感染が疑われる場合には早めに医療機関に受診していただくことをおススメします。

院長まつやま

2019-01-22 12:00:05

コメント(0)

10連休の医療問題

皇太子さまの新天皇即位に伴う今年のゴールデンウィークの10連休。単純に連休の休みが増えたからといって喜んでばかりはいられません。
10連休に伴って対応を迫られるもののひとつが医療です。一般に医療機関の休みは年末年始やGW、お盆など、せいぜい56連休くらいでしょうか?それが10連休ともなるとまさに医療機関としては前代未聞の長期休暇で、外来診療や救急医療に影響が出るのは必至です。また連休明けに患者さんが集中する恐れも懸念されます。広島市内であれば、基本的に休日は当番医を各科でまわしていますが、一部で当番医を増やす検討も始まっています。また救急医療に対応する総合病院にとっても、一次救急から三次救急までどの程度までの急患を受け入れるかが課題になっています。
たまたま、
まつやま眼科は当番医があたっていますので連休中の5/4(土曜日)は休日診療を行う予定です。また当院での術後の患者さんは術後専用の携帯電話で連休中はいつでも連絡がつくようになっていますので、何かあれば連絡していただけると幸いです。
一般の人にとってはありがたい10連休ですが、医療機関にとっては患者さんの受け入れ態勢をしっかりと整えてむかえなければいけない試練の連休となりそうです。

院長まつやま

2019-01-21 10:48:58

コメント(0)

日医君


熊本県のくまモンや船橋市のふなっしーで有名なゆるキャラですが、いまやその経済効果を狙って、全国のご当地ゆるキャラが目白押しです。

このブームにのったのかどうか、日本医師会もついにゆるキャラを作ってしまいました。名付けて
日医君。どっかのキャラクターに白衣と聴診器をつけただけのようにも見え、ネーミングにも全くセンスのかけらも感じませんが、一応、「日本医師会を国民により親しみのある団体として認知してもらいたい」という目的で、古来より日本人に馴染みのある犬をモチーフとして決定されたとのことです。

今のところは図書カードへのグッズ展開くらいしかないそうですが、着ぐるみやキャラクター商品、一般の医療機関での使用許可など、せっかくですので大きく羽ばたいていただきたいものです。

院長まつやま

2019-01-19 08:46:24

コメント(0)

PM2.5

PM2.5とは2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは1/1000㎜)の大きさの微粒子のことで、工場の粉塵や自動車の排出ガスなどが大気中で変性してできるといわれています。このPM2.5が問題になるのは人の健康に影響を及ぼすからです。PM2.5の濃度が高いほど呼吸器疾患心疾患による死亡率が高いとする報告がすでにでていて、各先進国で基準値が定められており、日本でも1立方メートルあたりの基準値が35マイクログラム以下とされています。ちなみに先日の韓国ソウルでのPM2.5濃度が120、タイバンコクが400であり、大気汚染が確実に健康に被害を与えるレベルです。日本でのPM2.5は中国や東南アジアなどの発展途上国の粉塵が偏西風にのって日本に上陸することが主な原因で、特に九州北部では頻繁にPM2.5が上昇するため、毎日、天気予報で必ずPM2.5予報をするほどです。
予防としては高性能のマスクしかないのが実情ですが、4割の方が同時に
アレルギー性結膜炎の症状をきたすといわれているので、PM2.5の上昇とともに目に違和感を覚える方は眼科受診も必要となります。

院長まつやま

2019-01-16 09:27:41

コメント(0)

マスク

日本人はマスクが大好きです。インフルエンザの流行期には、ラッシュアワーの時に人々が皆マスクをして通勤する異様な光景を世界中のマスコミが面白がって放送したものです。個人的にはいつもこの時期の通勤時にはマスクを装用していますが、あまり深い意味はなく、喉の保湿とマフラー替わりの加温のためです。「風邪の予防に」との思いからマスクをしている方々も多いかと思いますが、果たしてマスクで風邪は防げるのでしょうか?
実は市販されているマスクはフィルターの目が粗く、あまり効果がないとされています。また医療用のマスクであっても顔とマスクのすきまからのウイルス吸入を完全に防ぐことは不可能であり、風邪を100%予防することはできません。しかしどちらにしても、咳などで自分からウイルスを放出することを防ぐ役割はあります。一回のくしゃみで約200万個のウイルスが飛散すると言われますが、マスクをつけることでこれらのウイルスを含んだしぶきの汚染を防ぐことができるからです。
世界中の目からは異様な光景に映ろうと、思いやりの精神を持つ日本人同士、混みあう電車の中など特に人の多い場所に行くときのエチケットとして、マスクをつけるのはいい習慣ではないでしょうか!?

院長まつやま

2019-01-12 08:52:17

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2