まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  世界緑内障週間-視野検査のアプリ

世界緑内障週間-視野検査のアプリ

世界緑内障週間-視野検査のアプリ


毎年3月上旬の1週間は世界緑内障週間に定められ、緑内障啓発のための国際的イベントが世界各国で行われます。今年は310日(日)から16日(土)までがその期間に当たり、広島でも宇品大橋がグリーンにライトアップされる予定です。そこで、今週は緑内障ネタを集めてみました。

現在、スマホやパソコン用にさまざまなアプリが開発されていますが、自分で健康を自己管理できるアプリは高い人気を誇っています。
緑内障は、有効な治療はあるものの初期症状がほとんどないため、進行するまで自分で気が付かない患者が多く、日本では失明原因の第1、アメリカでも2を占めています。
視野検査などの定期健診をしっかりと受ければ緑内障の初期診断は可能ですが、遠隔地域や医療サービスの行き届いていない地域では緑内障による失明が増加しているのが実情です。

現在、ちまたで流行りの
iPadには、緑内障の視野を評価するためのアプリが無料ででています。「Visual Fields Easy」といわれるアプリですが、実際にこのアプリを使用した緑内障診断の評価を行った報告があります。
医療の行き届いていない地域でiPadとこのアプリで視野検査をしたところ、約半数が緑内障と診断され、さらに従来私たちが外来で使用しているハンフリー視野計の結果と比較したところ、6割~8が一致したとのこと。また、アプリによる検査所要時間は平均318秒で、ハンフリー視野計の半分とのことでした。

iPadを用いたスクリーニングは、遠隔地域や医療サービスの行き届いていない地域に住む方々には十分に効果的な一次検査となりえますし、外来に受診することのできない緑内障患者さんの往診にも利用できるのではないかと思います。

院長まつやま

2019-03-11 08:56:33

医療のトピック   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント