まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
EPARKクリニック病院24時間Web受付サービス初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  iPS細胞移植による加齢黄斑変性症の治療

iPS細胞移植による加齢黄斑変性症の治療

iPS細胞移植による加齢黄斑変性症の治療

京都大の山中教授ノーベル医学賞を受賞して脚光を浴びたiPS細胞ですが、このiPS細胞を初めてヒトに移植したのは、日本の加齢黄斑変性症の患者です。
その時は、患者本人の細胞から作成したiPS細胞を用いた細胞シートを移植したため、一説では1億円の経費がかかったとも言われています。

その後、
加齢黄斑変性症に対するiPS細胞移植5の患者に行われていますが、1例目の移植よりも進化した方法で行われています。
まず、使用したiPS細胞は、拒絶反応を起こしにくい他人から採取した細胞を用いていることです。
この方法であれば、あらかじめ様々な組織の細胞をストックしておくことが可能であり、移植までの時間費用を大幅に軽減することが可能です。
実際に、現在は京都大にてさまざまな組織のストックを作成中とのこと。

また2点目は、細胞をシート状に培養することなく、懸濁液をそのまま移植したことです。
細胞をシート状に培養するためには、技術もさることながら、時間も必要です。
また細胞シートの移植では、網膜を部分的に切開する必要があるため、網膜のダメージは避けられません。
懸濁液であれば、注射針で網膜下に注入できるため、手技的にも容易で、網膜ダメージはほとんどありません。

現在、この新しい方法で行ったiPS細胞移植後の5例の加齢黄斑変性症の方の経過を1年以上観察できているとのことですが、大きな拒絶反応もなく、経過も良好とのこと。
今後、他の組織においても、同様のiPS細胞移植がますます加速していきそうです。


院長まつやま

2019-05-14 08:39:09

医療のトピック