まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  適切なサングラスとは?

適切なサングラスとは?

適切なサングラスとは?

これから夏にかけては日照時間が長くなり、太陽光線が強くなってきますが、紫外線による眼の障害にも注意が必要です。
紫外線による眼障害の予防には
サングラスが有効ですが、どのサングラスでもいいというわけではありません。

アメリカ眼科学会による
サングラスの提案には以下のようなものがあります
・サングラスを購入する際はUVAUVBの防護率100、あるいはUV400の防護率100と表示されているものを選ぶ。
・レンズの暗さや色、価格は紫外線防護効果と関係ない。
UV防護効果は機器で測定することができるので、メガネ店で調べてもらう。
・紫外線は
角膜の火傷一過性の視力低下を来す場合がある。
・紫外線は、
白内障や眼の周囲の悪性腫瘍など、深刻な眼の障害を引き起こす可能性がある。
・太陽光線への曝露が
加齢黄斑変性症の進展に関連する。

これらをふまえたうえで、幼少期からの紫外線防止サングラスの着用も提案していますが、これは流石にやりすぎでしょうか?
この夏のサングラス選びの参考にしてくださいませ。

院長まつやま

2019-05-18 08:37:45

医療のトピック   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント