まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  糖尿病用のスマートコンタクト

糖尿病用のスマートコンタクト

糖尿病用のスマートコンタクト

コンタクトレンズは近視矯正の手段としては、今や日常生活になくてはならないアイテムですが、このコンタクトレンズにさらに医学的な付加価値をつけたものスマートコンタクトレンズといいます。
これまでにも、コンタクトレンズに緑内障治療の薬剤アレルギー性結膜炎治療の薬剤を追加し、少しづつ目の表面に薬物を放出することで目の治療をしたり、あるいは小さなセンサーを組み込み、眼圧を24時間連続的に測定することのできる
スマートコンタクトはありましたが、今回、新たな発想のスマートコンタクトが開発されました。

このコンタクトには血糖センサーが内蔵されており、
外部からの電気供給を必要とすることなく、血糖のモニタリングができるそうです。
すでに動物実験では成功しているとのことですので、人への応用もそう遠い話ではなさそうです。

これまでのように毎回針を刺して血糖を測定することなく、コンタクトレンズを装用しているだけで持続的に血糖のモニタリングができるなんて、まさに目からウロコです。
なるべく早く臨床に使用できるようになり、少しでも糖尿病の方の針刺しによる負担が減ればと思います。

院長まつやま

2019-05-22 08:39:24

医療のトピック