まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  緑内障と眼圧

緑内障と眼圧

緑内障と眼圧

緑内障の唯一の治療法は眼圧をさげることです。

眼圧を1mmHg下げると、緑内障進行のリスクは10%低下させることができるといわれています。
日本人の平均眼圧が14.5mmHgですので、一般的に21mmHg以上
高眼圧としていますが、すでに緑内障と診断されている方で眼圧が21mmHg以上ある方は、もれなく治療を開始する必要があります。
また眼圧が16mmHgから21mmHg程度であっても、視野検査OCT検査にて緑内障変化がみられるようであれば、積極的に治療を開始します。

一方で、眼圧が低いタイプ
緑内障に対しては、治療開始を悩む症例があります。
特に、日本人には眼圧が低いタイプの緑内障である
正常眼圧緑内障が全体の8を占めるため、判断が難しいことがあります。
しかしながら、進行が遅いタイプの
正常眼圧緑内障であっても、長い目でみれば視野障害が進行するため、生涯にわたる視機能維持という意味では、緑内障が進行するようであれば治療を開始することが大事です。

院長まつやま

2019-07-01 08:44:05

医療のトピック