まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  ドライアイに対するステロイド点眼

ドライアイに対するステロイド点眼

ドライアイに対するステロイド点眼

ドライアイは、文字通り、目の表面が乾くことでさまざまな目の違和感を発症する病気です。
しかし、涙の分泌が減ることでドライアイになる人はごく一部のみで、ほとんどの
ドライアイ目の表面の炎症によって引き起こされることがわかってきています。

そこで、
ドライアイの治療には抗炎症作用のあるステロイドの点眼を併用することが多くあります。
確かに、
ステロイドを点眼すると、自覚症状の改善や目の表面の涙の安定性がよくなることが報告されています。

一方で、
ステロイド副作用を伴うことでも有名です。
最も有名なステロイド点眼の副作用は、眼圧上昇です。
現在、
ドライアイの時に処方するステロイド点眼は、0.1%フルメトロンの点眼がメインであり、眼圧上昇を起こしにくいと言われていますが、中にはそれでも眼圧上昇を起こしたり、眼表面の免疫力が下がってヘルペスを発症したりする方がときどきおられます。
したがって、慢性的にステロイド点眼を併用する場合は、定期的に眼科に受診して、副作用が出ていないかをチェックすることが必要です。

院長まつやま

2019-07-27 08:49:41

医療のトピック