まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
EPARKクリニック病院24時間Web受付サービス初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  線虫によるがん検査

線虫によるがん検査

線虫によるがん検査

線虫とは、体長が約1㎜の線形動物であり、食中毒として有名になったアニサキスもこの線虫のひとつです。

体のつくりと遺伝子構造が非常にシンプルなので、よく研究の対象として、実験に利用されてきました。


2015年に九州大のグループが、有名な学会誌に、
線虫がんの発見に利用できるかも、とのセンセーショナルな論文を発表しました。
線虫には独特の嗅覚があり、がん患者の尿に含まれる特有のにおいに近づき、健康な人の尿からは逃げる性質があるとの特殊な発表です。

そのきっかけとなったのは、サバの生食で有名なアニサキスを内視鏡で胃から取り除く際に、たまたまアニサキス
胃がんに吸着していたのを経験したことだったとのこと。
世の中、何が功を奏するのか全くわかりません。


この
線虫を用いた検査をがん患者1400に実施した結果、85%の確立で的中したとされ、特に初期のがんほど、的中率が高いとのこと。
まさにスクリーニングとしては願ってもないことです。

また反応するがんの種類は、をはじめ、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、子宮、前立腺など
15種類のがんに及びます。


実は、すでにこの検査が実用化されることが決まっています。
来年1から実用化予定で、1回の値段は9800と、とてもリーゾナブルです。
通常のがんのスクリーニングは、高額な器械や試薬を必要としますが、この方法では
線虫尿だけで検査が済むからこそ、なせる業ですね。

すでに問い合わせが殺到しているとのことですが、尿1摘で簡単に15種類のがんのスクリーニングが8割以上の確立でできるものなら、ぜひ、私もうけてみたいものです。


院長まつやま

2019-10-05 08:43:31

医療のトピック