まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
EPARKクリニック病院24時間Web受付サービス初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  新しい目薬

新しい目薬

新しい目薬

秋になって、立て続けに目薬の新薬2種類発売されました。

ひとつは抗生剤
アジマイシン点眼
これは
結膜炎ものもらいに対する目薬です。
従来の抗生剤の点眼と大きく違うところは、その点眼回数です。
今までの抗生剤の点眼は1日に4回点眼するのが通常でしたが、これは忙しい方にとっては、結構手間ひまです。
今回のアジマイシン点眼は、最初の2日は123日目からは1日1回の点眼で効果があるとのこと。
これだと、忙しくてなかなか日中に点眼できない学生や会社員、コンタクトレンズを装用していてなかなかはずせない人たちも助かります。

もうひとつの新発売の目薬は、花粉症
アレジオン点眼
従来からアレジオン点眼自体はありましたが、これはやはり14回の点眼が必要でした。
今回のものは、有効成分の濃度を倍にして、その分、点眼回数を12にしたとのこと。


緑内障の点眼も、現在は1日1回点眼のものがメインですが、最近は、点眼回数を減らして、なるべく患者さんの負担を減らそうと工夫をしている点眼が多いようです。
緑内障の目薬は、お年寄りによる点眼の指し忘れを防ぐ意味も大きいようですが、点眼回数↓の流れは、忙しい現代人に合わせた時代の潮流のようです。

院長まつやま

2019-10-08 09:11:45

医療のトピック