まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  海藻と虚血性心疾患

海藻と虚血性心疾患

海藻と虚血性心疾患

古くから保存用食物として、みそ汁などを中心に食卓に並んできた、ワカメを中心とした海藻類
そのうまみ成分は世界的にも認められ、日本食と並んで一大ブームとなる気配すらあります。

以前より、
ワカメは健康にいいとされており、これまでも、ワカメ高血圧や、ワカメ高脂血症については、効果をうたう報告はありました。

この度、
海藻類の摂取虚血性心疾患のリスクにおける関連を調べた日本の研究が発表されました。
8万人以上の日本人を20年間にわたり調査したものです。

この調査では、「海藻をほとんど毎日食べる」グループは、「海藻をほとんど食べない」グループに比べて、
虚血性心疾患発生リスクは、男性で24女性で44%も低いことがわかりました。
しかし、残念ながら、
脳卒中との関連はみられませんでした。

今回の研究は、海藻と虚血性心疾患の関連を調べた世界初の報告だそうです。
虚血性心疾患のリスク低下は、
海藻による高脂血症の改善や高血圧の改善のためと思われます。
もともと欧米にはなじみが薄い海藻類ですが、このような研究結果を経て、ますますワカメブームが加速するかもしれません。

院長まつやま

2019-10-21 08:40:22

医療のトピック