まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ



眼内レンズとは、白内障手術の際に、濁った水晶体の代わりに眼内に留置する人工レンズです。

患者さんの生活のスタイルにあわせて、遠くにピントをあわせたレンズか、近方にピントを合わせたレンズかを、術前に相談して、それに合った眼内レンズを眼内に留置します。
しかし、通常は遠くにピントを合わせた方は老眼鏡を必要とし、また近方にピントを合わせた方は遠くを見るとき用のメガネを必要とします。

そこで登場したのが、遠近両用の眼内レンズです。一般的には、
多焦点眼内レンズといい、遠方と近方30cm40cm50cmの距離がそれぞれ見えるタイプ、遠方から中距離までまんべなく見えるタイプ、遠方・中距離・近方の3焦点のタイプなど、さまざまな眼内レンズが登場してきています。

多焦点眼内レンズ2007に日本でも認可を受け、先進医療として取り扱われてきました。
ところが、同じく先進医療として扱われている陽子線治療重粒子線治療による
がん治療と比べて、多焦点眼内レンズの治療費の総額があまりにも高額となってきてしまったため、
12継続した今年度いっぱいで、
多焦点眼内レンズ先進医療から外されることが決まっています。

今後は、
多焦点眼内レンズの保険の取り扱いがどうなるかはまだ不透明な段階で、少なくとも公的保険に導入されることはないと聞いています。
おそらくは、例えばコンタクトレンズと同様に、自分が最適と思う眼内レンズだけを自己購入し、手術代は公的保険の対象になるのでは…と個人的には予想していますが、まだ眼科医会・眼科学会とも明言をさけています。
今後、超高齢化社会の来訪とともに、多焦点眼内レンズの需要が増えてくることが予想されるだけに、どのような展開になるか、注視しているところです。

院長まつやま

2019-10-25 08:47:21

医療のトピック