まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  網膜静脈閉塞症の季節変動

網膜静脈閉塞症の季節変動

網膜静脈閉塞症の季節変動




血圧には季節変動があることはよく知られており、1年で最も血圧が高くなる季節です。

一方で、
網膜静脈閉塞症網膜細動脈の硬化が発症原因に深く関わっているため、高血圧危険因子のひとつとなります。
実際のデータでも、
網膜静脈閉塞症の患者さんの80%高血圧を合併しています。

このことから、
網膜静脈閉塞症の発症にも季節変動があるのではないかとの疑問が以前からありましたが、
海外では実際にそのようなデータが発表されているようです。
図では、気温が下がってくと、それに反比例して、
網膜静脈閉塞症の発症人数が極端に上昇しています。

われわれ眼科医は全身疾患に対する意識が薄いのは確かですが、
網膜静脈閉塞症の患者さんが来院した時には、高血圧の有無や内科への受診をおススメすることが大事かと思われます。

院長まつやま

2020-01-11 08:49:55

医療のトピック