まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  残薬解消のためのアプリ

残薬解消のためのアプリ

残薬解消のためのアプリ



病気に対して薬を処方されても、飲み忘れなどで適切に内服せず、症状の悪化医療費の無駄遣いにつながる「残薬」の問題。

この残薬を適切に整理することができれば、年間100億円~数千億円医療費が削減できるとの統計もあります。

この
残薬を解決するひとつの手段として、今までは、医師や患者さん本人の意識を高め、薬剤師にも介入してもらって残薬を減らすというマニュアルな方法がとられてきましたが、
このたび、処方された薬の飲み忘れを減らすための
スマホアプリを開発する計画が持ち上がりました。
この企画は製薬会社ゲーム会社の共同開発の予定で、
そのゲーム会社とは、かつてパックマン太鼓の達人などで一世を風靡した
バンダイナムコです。

残薬については、理由の7割近くが「飲み忘れ」からきているとのことから、
バンダイナムコはゲーム制作のノウハウを用いて、患者さんの「やる気」や「達成感」を引き出し、正しい服薬を手助けしたいとする意向です。

本年度から早速、実証実験を始め、得られたデータの販売も検討しています。
現在は、発達障害弱視の治療に、スマホのアプリを利用した
デジタル薬の開発も進みつつありますが、
このような服薬支援アプリも患者さんには有用かと思います。

院長まつやま

2020-02-04 08:42:55

医療のトピック