まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちらできれば、こちらから予約していただけると助かります。
 
24時間WEB受付初診・再診利用可E-PARK会員の方はこちらからも予約できます。
初診受付サービス
病院なびによる初診受付サービスです。
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  がんゲノム医療

がんゲノム医療

がんゲノム医療

がん患者さんの遺伝子を調べて、最適な治療法や薬を選択することのできる医療を、がんゲノム医療といいます。

これまでもこのような治療法はありましたが、
公的医療保険は使えず、患者さんが全額自分で負担する自由診療でした。

この医療が、この4から、公的保険でまかなえることになりました。

今回、保険適用される
遺伝子検査では、100か所以上遺伝子変異を一度に検出することが可能であり、
個々のがん患者さんに投与する抗がん剤の選択などに役立てられるとのこと。
価格は56万円もしますが、公的保険でまかなえ、
患者さん側はこの1割~3割の負担となります。

もっとも、保険が適応されるのは、
手術や放射線治療などの標準的ながん治療を終え、既存のがん治療が効かない一部のがん患者さんのみで、
まだがん検診などの予防医療に対するものではありません。

しかも、検査の結果、最適な治療薬がみつかる人は、まだわずか1割~2割程度しかいないとのことなので、
まだまだ知識の集積が必要です。


ゲノム医療はまだはじまったばかりですが、
さまざまな病気の傾向を予測できる可能性が秘められています。
この医療が浸透すると、その人にあった個別化された医療
オーダーメイド医療)の提供が実現されることになります。

今後の治療展開に注目していきたいと思います。

院長まつやま

2020-06-20 08:40:41

医療のトピック