まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちらできれば、こちらから予約していただけると助かります。
 
24時間WEB受付初診・再診利用可E-PARK会員の方はこちらからも予約できます。
初診受付サービス
病院なびによる初診受付サービスです。
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  糖尿病網膜症の予防内服!?

糖尿病網膜症の予防内服!?

糖尿病網膜症の予防内服!?

糖尿病網膜症日本中途失明原因第2位を占める重要な疾患です。

日本でもいまだに増加傾向にある病気ですが、
その本態は、高血糖から誘発される病的な新生血管であり、
その新生血管から硝子体出血網膜剥離難治性緑内障を併発して失明に至ります。

近年では、これらの新生血管を消退させる硝子体注射の治療が確立されていますが、
繰り返し投与が必要であることや、高額な治療費、合併症などが問題となっています。

これらの病態を予防できればそれに越したことはありませんが、
この度、慶応大から、特定のから抽出された水溶性エキスが
糖尿病網膜症病的新生血管65%も抑制させたとする研究が報告されました。

残念ながら、これはまだまだマウスでの実験段階での話です。
しかし、日常的に摂取することのできるの成分にて、糖尿病網膜症予防できる可能性を示す結果です。

日本では、古くから、医食同源という考え方がありますが、
この成果が人でも認められれば、糖尿病網膜症に対して、
安全で取り入れやすい予防法や治療法となりそうです。

是非、人での治験へと、話を進めていただきたいものです。

院長まつやま

2020-06-22 08:44:20

医療のトピック