まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちらできれば、こちらから予約していただけると助かります。
 
24時間WEB受付初診・再診利用可E-PARK会員の方はこちらからも予約できます。
初診受付サービス
病院なびによる初診受付サービスです。
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  過去最高の薬価更新

過去最高の薬価更新

過去最高の薬価更新



昨年、白血病の治療薬であるキムリアが、3349万円保険適応となった件が話題となりました。

ノバルティス社
CAR-T細胞療法といわれる治療薬ですが、
ノバルティス社は開発コストやパテント料を公表しなかったため、
高額な価格となった経緯もわからずに保険適応として認められたことに批判が集中しました。

ところが・・・です。
今度は、同じノバルティス社から、なんと16千万円もする治療薬が保険適応として認可されました。

ゾルゲンスマといわれるこの薬は、脊髄性筋萎縮症といわれる遺伝性の病気に対する治療薬です。

この価格になってしまった経緯には、原価計算方式、有用性加算、先駆け新薬など、
専門的にはいくつかの理由があるものの、やはり不公平感は否めません。

確かに、この治療によって治癒、あるいは軽快する患者さんがいることは喜ばしいことです。
しかしながら、医療費の上限が決まっている日本の財政上、超高額な薬剤が特定の方に流れ、
そのしわ寄せが他の医療を圧迫する可能性は否定できません。

現に眼科医療の現場ですら、
分子標的薬といわれる高額な治療薬が、
眼科手術をはじめとする他の眼科医療経済を圧迫してきており、
まさに製薬会社は“濡れ手に泡”状態です。

ちなみに、一人あたりの年間の医療費は、診察や手術、薬剤費を含めても、30万円強といわれています。

医学の進歩はウェルカムですが、それを逆手に、
製薬会社が患者と国の医療経済を食い物にしているように感じるのは私だけでしょうか・・・?

院長まつやま

2020-06-26 09:16:48

医療のトピック