まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちらできれば、こちらから予約していただけると助かります。
 
24時間WEB受付初診・再診利用可E-PARK会員の方はこちらからも予約できます。
初診受付サービス
病院なびによる初診受付サービスです。
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  強度近視の遺伝子

強度近視の遺伝子

強度近視の遺伝子

近視の中でも眼軸長の異常な延長を示す「強度近視」は、
網膜剥離や黄斑下出血、緑内障、白内障、網膜変性症などを引き起こす原因となります。


強度近視の患者は日本、中国、シンガポールを含むアジア地域に多く、
他の地域における有病率と比べるとかなり高いことが知られています。


近視の有病率は世界中急激に上昇しており、
統計的には、2050までに世界人口の約半分にあたる50億人
近視を発症し、
10にあたる10億人
強度近視となることが予想されており、
10人に1
近視から失明のリスクを抱えることとなります。

近視遺伝要因環境要因とが複合的に関与して発症する多因子疾患と考えられています。

これまでにも多数の遺伝子解析の研究が実施されてきましたが、
まだ見つかっていない近視の遺伝子が多く存在することが示唆されています。


近視の発症・進行に関与する遺伝子を同定するため、
日本・シンガポール・台湾3か国による共同研究が実施され、
強度近視を対象に遺伝子解析が行われました。

その結果、疾患感受性遺伝子9同定したことが、この5に報告されました。
これらの複数の遺伝子の発現量の変動が、
近視発症・進行に有意な影響を与えているとのこと。

将来的に、
近視を発症するリスクや近視発症後の進行度予測できれば、
近視発症・進行予防への早期取り組みが可能となります。
これらは医学的・社会的価値が大変高いと考えられるため、
この発見が
近視発症メカニズムおよび病態の全容解明の一助となることが期待されます。

院長まつやま

2020-07-25 08:42:07

医療のトピック