まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちらできれば、こちらから予約していただけると助かります。
 
24時間WEB受付初診・再診利用可E-PARK会員の方はこちらからも予約できます。
初診受付サービス
病院なびによる初診受付サービスです。
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  視機能のアンチエイジング

視機能のアンチエイジング

視機能のアンチエイジング

アンチエイジングとは抗加齢を意味する言葉です。
命あるもの、加齢による変化は致し方ありませんが、
早期からの
習慣検診により、老化からくる視機能低下にあらがうことが可能です。

アメリカでは目の病気を予防するために、眼科学会が国民にむけて提唱を行うことが度々あります。
アメリカ眼科学会は、
加齢の影響から眼を守る5つのポイントを紹介しています。

・包括的な眼検診
加齢に伴う眼の変化が起こり始める40になった時点で、包括的な
眼科検診を受けることが理想です。
この時、
緑内障黄斑変性症についても検査が必要です。
またその後も、54までは2-4ごと、64までは1-3ごと、65までには1-2ごと、
あるいは、担当医が勧めるタイミングで
眼科検診を受けるべきです。

・家族歴の把握

加齢黄斑変性症、緑内障、白内障などの眼疾患は遺伝することがあります。
近親者に
加齢黄斑変性症がいれば、発症率は50%上昇し、緑内障も家族歴があれば発症リスクは4-9になります。

・禁煙
喫煙
白内障および加齢黄斑変性症の発症リスクを高めます。
また、
ドライアイを悪化させます。

・眼に良い食事
柑橘系の果物植物油、濃緑色の葉物野菜サケマグロといった冷水魚が眼に良いことが示されています。

・数値管理
血圧脂質や血糖高値は、眼疾患による失明のリスクを高めます。
数値を把握し、管理することが大切です。

このように、病気を起こす前に患者本人の努力によって、ある程度、視機能を保つことができます。
ただしそのためには早期より健康に気を付け、眼科医の診察定期的に受けることが必要です。

院長まつやま

2020-07-27 08:52:00

医療のトピック