まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  ドライアイ

ドライアイ

ドライアイ



ドライアイは世界で最も患者数が多いと言われている病気です。

ドライアイになる大きな原因としては、
涙の不安定さ」や「目の表面の刺激」が影響しています。

涙が不安定になる原因としては、
涙が少ない」、「目の表面に涙がとどまりにくい」、「涙の蒸発が激しい」、
などの要素が指摘されています。

このようなタイプのドライアイには、
シェーグレン症候群などの涙腺の病気によるもののほか、
遺伝内分泌異常ウイルス感染などが推測されています。

また、涙が目の表面にとどまりにくいタイプのドライアイは、
近年、注目を集めているタイプですが、
新しい特効薬も開発され、すでに臨床にでてきています。

涙が蒸発しやすいタイプのドライアイには、
涙の表面の油分が少ない人に多く、油分を分泌するマイボーム腺の異常が指摘されています。

ドライアイ治療点眼がベースですが、
大きく分けて3種類の点眼薬が処方可能です。
目の表面の潤いを増やすタイプ、目の表面の粘液を産生することでドライアイを治すタイプ、
目の表面のキズを積極的に治すタイプとありますので、
どのタイプのドライアイかによって適切に点眼を選択する必要があります。

院長まつやま

2020-09-04 08:34:51

医療のトピック