まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  昼寝と死亡リスク

昼寝と死亡リスク

昼寝と死亡リスク

一般的に、昼寝健康的な習慣と見なされています。
昼寝パフォーマンス向上をもたらし、
睡眠不足による悪影響を緩和すると考えられているからです。

しかし、今年のヨーロッパ心臓病学会では、
昼寝死亡リスクについて、驚くべき報告がなされています。

この研究は、昼寝と心血管疾患の発症リスク全死亡リスクとの関連を検討した研究論文20件を基に、
解析を行ったものです。
対象は31万人以上で、このうち4割弱に当たる人が昼寝習慣を持っていました。

驚くべきことに、昼寝習慣がある人では、習慣がない人に比べて、
全死亡リスク19%も増加していました。
具体的には、女性22%65歳以上の高齢者で17%全死亡リスク増加していたとのこと。

さらに、昼寝1時間以上する習慣のある人は、昼寝の習慣がない人に比べて、
心血管疾患の発症リスクが34%全死亡リスク30%高いことが明らかになりました。

これらの原因は明確にはなっていないものの、
長い昼寝により体の炎症レベル上昇することを示唆する報告や、
昼寝高血圧糖尿病の発症、全体的な健康レベルの低下との関連を示す研究が
報告されているとのことです。

しかしながら、人によっては、夜間の睡眠時間や睡眠の質の問題により、
昼寝の時間が長くなっている可能性もあるかと思います。
睡眠の問題について気になる方は、専門医と話し合うことをすすめているほか、
もし昼寝をするのであれば、1時間以内にとどめる方が安全だとしています。

院長まつやま

2020-09-09 08:44:18

医療のトピック