まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  デジタル治療薬の市場

デジタル治療薬の市場

デジタル治療薬の市場

デジタル治療薬とは、情報技術を導入した治療薬のことで、
日本でも2014年の薬事法改正により、デジタル医療薬医療機器として承認できるようになっています。

現在、世界のデジタル治療薬市場規模は、
2019年約2000億円から、25年には約9000億円に達すると予想されています。

デジタル治療薬の多くは、スマートフォンタブレットを使用することができます。
これらの機器は普及率が高いことから、
患者さんにとっても提供者にとっても、導入のハードルが低いことが特徴です。

そのため、今後も市場拡大が見込まれると考えられており、
大手製薬企業も大きな関心をよせています。

実際のデジタル治療薬も、
発達障害からうつ病、睡眠障害、禁煙、糖尿病などの治療薬が、すでに開発されてきています。

今後は、ビッグデータの解析とAIの活用により、
現代人の心の治療を対象に、市場が拡大することが予想されます。

院長まつやま

2020-10-05 08:53:26

医療のトピック