まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら
24時間WEB受付初診・再診利用可初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  緑内障アップデート

緑内障アップデート

緑内障アップデート

緑内障は怖い病気であると認識している方は多いと思いますが、実は緑内障患者の中で実際に治療を受けている方は10%しかいないという事実はあまり知られていません。つまり残りの90%の方は自分が緑内障にかかっていることも知らないのです。40歳以上の緑内障の有病率は5%ですので、20人に1人が緑内障になっていることになります。私も広島市からの依頼で眼底写真による検診を月に600例くらいみていますが、最も多く見つかる病気が緑内障による視神経萎縮です。また緑内障は開放隅角タイプ閉塞隅角タイプ2種類に分かれます。開放隅角タイプは全体の90%で、5年~10年以上かけて徐々に緑内障が進行するタイプです。また閉塞隅角タイプは全体の10%ですが、重症例では一晩で失明してしまうこともあります。よく風邪薬や睡眠薬で緑内障に注意が必要との注意書きがあるのはこの閉塞隅角タイプになります。今や目の国民病といってもいいくらいの発症率である緑内障。皆さんも40歳以上の方は年に1回は検診を受けることをお勧めします。

院長まつやま

2018-12-28 09:02:45

医療のトピック