まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  近視の程度の目の病気

近視の程度の目の病気

近視の程度の目の病気



近視はメガネで視力をだすことができるので、
これまでは、あまり問題とされてきませんでした。

しかし、近年はこれまでのデータの蓄積から、
近視そのものが目の病気に与える影響が大きいことが分かってきています。

近視は、大きく分けて、軽度近視、中等度近視、高度近視に分類することができます。
それぞれの近視の程度と目の病気のかかりやすさを比較した統計によると、
軽度近視、中等度近視、高度近視の順に、
白内障では、2倍、3倍、5倍もなりやすく、
緑内障では4倍、4倍、14倍もかかりやすいことがわかっています。

また網膜剥離では、それぞれ、3倍、9倍、22倍と、近視が進行すればするほど病気のかかりやすさが加速し、
近視性黄斑症に関しては、2倍、10倍、41倍にも罹りやすさが上昇することがわかっています。

したがって、近視が進めば進むほど、これらの病気に対して、
定期的な検診などのケアをする必要があります。

また、近視進行の機序がすべて解明されているわけではありませんが、
小児期の進行が早い近視は、将来的に高度近視に進行する割合も高いなってきます。
できれば小児期近視発症や進行を予防できれば、それに越したことはありません。

院長まつやま

2020-11-17 08:41:20

医療のトピック