まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  緑内障と運動

緑内障と運動

緑内障と運動

緑内障眼圧は切っても切れない仲ですが、眼圧はさまざまな状況で変動します。

1日の中で眼圧変動する
日内変動は、
変動幅が大きいほど
緑内障進行しやすい可能性が報告されていますし、
眼圧高くなる
季節変動は、その時期だけ緑内障の目薬を増やすこともあります。

また一時的に眼圧に影響する因子もしられています。

運動アルコール摂取は一時的に眼圧を下げますし、
逆に
喫煙カフェイン過度の飲水眼圧を上げることが知られています。
しかし、先日報告された日本での研究では、
コーヒーをよく飲む人ほど眼圧が下がるという結果が出ていたため、
様々な条件が関係しているのかもしれません。

これらの一時的
眼圧変動の因子については、
良くも悪くも一時的な効果であるため、
緑内障そのものには影響しないと考えられてきました。

ところが
運動に関しては、緑内障治療効果がある可能性が報告されています。
運動により眼圧が低下しただけでなく、
緑内障による視野障害の進行が緩やかになったというものです。

もともと
運動は、昔から、多くの生活習慣病慢性疾患に対して予防的に働くことはよく知られていますが、
もし
緑内障にも効果があるとすれば患者さんにとっては朗報です。

また
緑内障の患者さんにはうつ不安症の方の割合も多いといわれていますが、
運動
はこれらの症状を改善させる効果もあると報告されています。

報告によると、1日1000歩の歩数や30分の起立姿勢くらいの運動でも、

視野いい影響が出たとのことです。

「点眼をさして後は神まかせ」という現状や、診察室での眼圧に一喜一憂するのではなく、
ぜひ簡単な運動からでも始めてみてはいかがでしょうか?

院長まつやま

2021-01-08 08:51:09

医療のトピック