まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  色覚

色覚

色覚



色覚網膜にある色を感じる細胞で感じています。

目の中で色を感じる細胞は錐体細胞といわれますが、
錐体細胞には3種類の色を感じる細胞があります。
青色です。

昔のブラウン管のテレビを近くで見たことがある人はご存知かと思いますが、
すべての色は、赤・緑・青色の配色で表現することが可能です。
ちなみに、白は3色とも発色した場合で、黒は3色とも発色していない時に感じています。

人が色を見る時も、この3つの細胞による配色で見ています。
ところが、これらの錐体細胞機能遺伝し、
色を弱くしか感じられない人やその色そのものを感じ取ることができない人がいます。
これが色覚異常です。

の色を感じにくい人を第1色覚異常
の色を感じにくい人を第2色覚異常
の色を感じにくい人を第3色覚異常といいます。

詳細な遺伝形式については割愛しますが、
を感じる細胞をコードする遺伝子X染色体上にあることから、
男子には高い確率で遺伝し、男性約5%、つまり20人に1人が何らかの色覚異常を持っているとされています。

最も多いのは第2色覚異常で、の色を感じにくい人ですが、
は補色的な関係となるため、
第1色覚異常第2色覚異常とでは、見え方はあまり変わらず、
の区別がつきにくくなります。

それでも、ほとんどの色覚異常の方は、
明度彩度で区別ができたり、学習効果により、生活に支障がでないようにすることが可能です。

しかし、駅の電車電光掲示板に用いられている赤と緑のLEDの2色の色の見分けは困難です。
一方で、交通信号機にも赤と緑のLEDが使用してありますが、
の中でも青に近い緑を使用することで、色覚異常の方にもわかりやすくなっています。
これはカープの本拠地である我らがマツダスタジアム電光掲示板にも採用され、
ボールのカウントが見やすくなっています。

院長まつやま

2021-01-12 13:12:58

医療のトピック