まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  眼科の病気»  アレルギーの症状と治療

アレルギーの症状と治療

アレルギーの症状と治療

今年は暖冬のせいか、早くもアレルギーの患者さんが増えてきています。
アレルギー性結膜炎アレルギー性鼻炎は日常生活における生活の質の低下や仕事の効率の低下を招きます。インターネットのアンケート調査によると、日常生活への支障度が最も大きい症状は「目のかゆみ」であり、実に90%以上の方が生活に支障があると回答しています。続いて、「鼻水」、「くしゃみ」、「鼻づまり」の順に生活に支障があるとの回答でした。
現在の
抗アレルギー剤の中では、抗ヒスタミン作用を有する薬が主体になってきています。これは通常のアレルギーを抑える作用とかゆみを抑える作用の両方を持ち合わせている薬です。点眼治療も同様の傾向であり、このような抗アレルギー剤点眼に加え、かゆみやまぶたの腫れが強い症例にはステロイド点眼を併用し、さらに重症例には免疫抑制剤点眼を併用するなどの治療を行います。それでも軽快しない春期カタルといわれるレベルにまでなると、内服の追加やまぶたへの注射で対処します。しかしステロイドや免疫抑制剤には眼圧上昇やまれな感染症などの副作用があるので、医師の指示に従って定期的に診察していただく必要があります。
上記症状がでてきた方は早めの受診をお勧めします。

院長まつやま

2019-01-11 08:55:45

眼科の病気   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント