まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  赤ワイン

赤ワイン

赤ワイン


赤ワインは体にいい」とよくいわれます。

これは実際に1990年代に発表された論文をエビデンスにしています。
もともとヨーロッパではチーズバターなどの乳製品を食べる習慣があるため、

心疾患脳梗塞のリスクが高いとされてきました。

ところが、なぜかフランス人だけは、それらの
疾患リスクが少なかったため、
赤ワインのおかげではないか、といわれたのです。

これの説は、
フレンチ・パラドックスといわれます。
パラドックスとは逆説を意味する言葉ですが、

フランス人疾患が少なかったのは赤ワインのおかげだ、という話になったのです。

これを機に、日本でもポリフェノールのアンチエイジング神話とともに、
赤ワインが大人気となりました。

ところが、今やこの説は否定されつつあります。
もともと
心疾患脳梗塞のリスクは乳製品のせいではなく、
マーガリンなどによる脂肪酸の影響である可能性が高いことがわかってきたのです。
また、赤ワインに限らず、適度の飲酒がそれらの
疾患リスク軽減し、
過度の飲酒では
リスク上昇することもわかってきました。
さらには、
心疾患のリスク赤ワインと白ワインで変わりなかったとする論文もでてきました。

これからの季節、歓送迎会でお酒を飲む機会も増えるかと思いますが、
赤ワインに期待するほどの効果がないにせよ、楽しくお酒を飲みたいものです。

院長まつやま

この記事は2018年のまつやま眼科ブログを再編したものです。

2022-03-22 17:01:27

医療のトピック