まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  梅雨の時期のアレルギー

梅雨の時期のアレルギー

梅雨の時期のアレルギー

アレルギーといえば春先のスギ花粉が有名ですが、
最近は、季節に影響されないタイプアレルギーが増えてきているように感じます。

また、梅雨の時期になって、一時期落ち着いていたアレルギーの患者さんがまた増加してきているようです。

この時期に特徴的な花粉はありませんが、
今年は春先からずっとPM2.5の濃度が高く、これがアレルギー症状の増悪に影響している可能性は否定できません。

しかし、この時期のアレルギーは、カビダニによるものがメインと考えられます。

特に、ダニ6月から増殖をはじめ、7月にピークをむかえ、
秋になってダニが死んだ後も、その死骸がアレルギーの原因となります。

またアレルギー性喘息の原因の8割ダニが原因ともいわれています。
ダニは20~30度の温度で、湿度が60%以上のところを好み、
カビやフケなどを栄養源としています。
まさにこの梅雨時が、ダニにとっては格好の増殖期となるのです。

この時期にアレルギー症状が増悪してきている人は、
まずは屋内の掃除にて、ホコリダニカビを減らすことを試みてください。
それでも症状が残るようであれば、
内服や点眼、点鼻薬にて、アレルギー症状をコントロールしていく必要があります。

院長まつやま
この記事は2019年のブログを編集したものです。


2022-06-15 14:17:11

医療のトピック