まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  671. 白内障と交通事故

671. 白内障と交通事故

671. 白内障と交通事故

自動車は現代の生活にはなくてはならない移動ツールです。
一方で、高齢者の運転による交通事故は、現代社会の深刻な問題となってきています。

高齢者の運転事故は、認知能力運動能力の低下や認知症に起因するものがほとんどですが、
加齢による白内障緑内障による見えにくさが影響している可能性も指摘されています。

白内障では、「視界がかすむ、光を眩しく感じる、薄暗く見える、夜間に物が見えにくくなる
といった症状が高頻度にみられることから、これらの症状が高齢ドライバーの安全性に大きく影響してくるからです。

しかしながら、白内障による交通事故のリスクについては、今まであまり議論されたことはありません。
白内障手術交通事故のリスクに関する研究については、カナダで報告されたものがあります。

この研究では、白内障手術前交通事故の発生率と、白内障術後交通事故の発生率を比較しています。

この研究によると、
75歳以上の高齢者では、白内障術後14%交通事故の発生率が低下し、
全体の年齢層からみても、白内障術後9%交通事故のリスクが低下したとのことでした。

また別の切り口からみてみると、
年間に1件交通事故を回避するのに必要な白内障手術は、4564件であることも示されました。

白内障高齢ドライバーの安全性に大きく影響することは確かなようです。
高齢者白内障手術により
交通事故が減るだけでなく、社会的・経済的な負担の軽減にもつながります。

いまや自動車がなくては生活出来ない高齢者の方も多いかと思います。
気になる方は眼科への受診をお願いします。

院長まつやま


2022-08-17 13:58:55

医療のトピック