まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
予約フォームはこちら初診・再診とも、こちらから予約してくださいませ。
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  676. 野菜や果物の効果

676. 野菜や果物の効果

676. 野菜や果物の効果

野菜果物は健康にいいといわれますが、
その根拠を大規模に調査した研究は、意外にも国内にはありません。

このたび、国立がん研究所から、それを裏付ける報告がでてきています。

研究では、40~69歳の男女約9万5000人に食事に関するアンケートをとり、
その後の約20年間を追跡調査しています。
その調査期間中に、約2万4000人の被験者が死亡していますが、
野菜果物を多く食べる人は、そうでない人と比べ、20年以内死亡するリスクが7~8%低かったとする研究です。

調査の方法ですが、1日あたりの野菜果物の摂取量を推計し、死亡リスクを解析しています。
その結果、果物の摂取量が多いグループでは8%野菜では同様に7%死亡リスク低下していました。

ただし、残念ながら、「野菜、果物ともに摂取量が多ければ多いほど、死亡リスクが下がる」というわけではありませんでした。

この研究では、長生きするためには、野菜1日300g以上果物140g以上の摂取を推奨しています。

野菜や果物の物価が高騰している中、上記の摂取量を毎日摂取するのはなかなか大変なこととは思いますが、
このことを気にする生活をするだけでも、より健康な生活ができるのではないでしょうか。

院長まつやま


 

2022-09-08 13:07:59

医療のトピック