まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス 再診受付サービス
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  689. スマートコンタクトレンズ

689. スマートコンタクトレンズ

689. スマートコンタクトレンズ

コンタクトレンズにさらなる機能をもたせたものをスマートコンタクトレンズといいます。

現在では、コンタクトレンズセンサーを組み込み、
24時間、眼圧連続測定できるコンタクトレンズが既に登場し、
日本でも臨床応用されています。

今回、新しく発表されたものは、血糖測定ができるコンタクトレンズです。

このスマートコンタクトレンズには、超薄型の電気回路チップが内蔵され、
微弱な電流変化から、糖濃度を測定できる仕組みです。

このコンタクトのさらにスゴイところは、
目につけた状態で自動で発電し、眼表面に薬剤を投与することまでもできることです。

ウサギを使った実験では、血糖測定薬剤伝達機能の安定性がすでに確認されています。
また厚さは約0.2mmで、これは眼圧測定用のレンズよりも薄い仕様となっています。

この薬剤伝達機能は、
将来的に糖尿病網膜症の治療に応用できる可能性もあり、期待が膨らみます。

早く治験が完了すれば、近日中には製品化されるとのことですので、
新たな機能を兼ね備えたスマートコンタクトが、近々誕生するかもしれません。

院長まつやま



 

2023-03-25 16:33:51

医療のトピック