まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス 再診受付サービス
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  697. 眼瞼けいれん

697. 眼瞼けいれん

697. 眼瞼けいれん

疲れやストレスがたまると、
まぶたの周りがピクピクとけいれんすることがあります。

多くの場合は一時的な症状であり、目の表面の違和感疲れ目が軽快すると、
まぶたのピクピクも消失することがほとんどです。

しかし、ピクピクがいつまでも治らなかったり、
症状の範囲が片方の目から両眼に広がってくるようであれば、
眼瞼けいれんといわれる、全く別の病気を考えなくてはいけません。

軽いものは、光をまぶしく感じたり、目が乾く感じがしたり、
目を開けているのがつらいなど、ドライアイに似た症状からはじまります。

重症になるにつれ、自分の意思とは関係なく目をつぶってしまったり、
自然な瞬きができなくなったり、まぶたのピクピクが強くなったりしてきます。

さらに症状が進行すると、自分の意思では目が開けられないようになり、
運転中に事故を起こしたり、普通に歩くのも困難になってくるような人もいます。

眼瞼けいれんの症状はまぶたに現れますが、
原因自体はまぶたの筋肉にあるわけではなく、神経の問題です。
つまり、脳からの指令がまぶたの筋肉に正しく伝わらないために、
目の開け閉めがうまく機能しなくなるのです。

一般的には、50から70歳代女性に多く見られます。

現在はこのけいれんに対する特効薬があります(ボトックス注射)。
この注射を目の周りに行い、筋肉の異常な緊張を和らげます。
非常に細い針を使いますので、痛みはほとんどありません。
1回の注射で、効果は3か月半年間持続するため、
また症状が増悪してきたら注射を繰り返す必要があります。

ドライアイの治療をうけても軽快しない方や、光が異様にまぶしく感じる方、
また人ごみで人や物にぶつかることが多くなったと感じる方は、相談してみてくださいませ。

院長まつやま

2023-07-26 13:34:23

医療のトピック