まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス 再診受付サービス
 
診療時間内は電話予約受付中
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  699. 甲状腺眼症

699. 甲状腺眼症

699. 甲状腺眼症

甲状腺の前にあるホルモン分泌器官です。

甲状腺のホルモンは、新陳代謝を活発にし、心臓胃腸の働きを調節したり、
体温を調節したり、脳の働きを活性化したりする作用があります。

このホルモンは、通常の量より増加しても低下しても体調が悪くなり、
増加した場合を甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
低下した場合を甲状腺機能低下症(橋本病)
といいます。

バセドウ病眼症状甲状腺眼症バセドウ眼症)といいいますが、
その主要症状のひとつに眼球突出があります。

これは、甲状腺のホルモンが眼球の後方の組織(外眼筋脂肪、涙腺など)に炎症をおこし、
組織がむくむことで発症します。

また眼球突出まで重症でなくとも、ホルモンが上眼瞼に作用して、
びっくりした時のような目になることで、見かけ上の眼球突出をきたすこともあります。

このような症状が片眼にだけ起こった時には、見た目の表情にも大きく影響するため、
内科の治療と並行して、眼科的にも治療を行います。

甲状腺眼症にて眼科に受診していただいた場合は、
眼球の後方眼瞼がどれくらい炎症を起こしているかをMRI検査で確認させていただくことが多くあります。
(当院の1階にMRIがあります。)

眼球の後方に炎症やむくみが確認できれば、眼科的にも治療を開始します。
新鮮な炎症の場合は、まずはステロイドによる局所注射(ケナコルトのテノン嚢下注射)を行います。
軽症の甲状腺眼症の方は、これを繰り返すことで軽快することがほとんどです。

それでも増悪する方は、ステロイドの全身投与放射線治療を検討しなくてはいけません。
この場合は、入院が必要となりますので、病院を紹介させていただくこととなります。

院長まつやま

2023-08-12 16:39:10

医療のトピック