まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
EPARKクリニック病院24時間Web受付サービス初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  眼科の病気»  アレルギー性結膜炎とドライアイ

アレルギー性結膜炎とドライアイ

アレルギー性結膜炎とドライアイ



ドライアイは天候や季節など様々な環境因子に影響をうけることが知られています。実際に、かすんで見える症状やまぶしく見える症状は春の季節に最も多くみられるとの報告がありますが、これは花粉の影響でドライアイが重症化するからと考えられています。

ドライアイアレルギー性結膜炎は相互に作用し、いわゆる悪循環に陥ります。つまり、アレルギー性結膜炎は上皮障害などからドライアイの発症に影響しますし、またドライアイは涙液低下からアレルギー物質の濃度上昇・アレルギー性結膜炎の増悪をもたらします。

このような悪循環を断ち切るためには、アレルギー性結膜炎の治療と同時にドライアイの治療も行う必要があります
心当たりがある方は外来に受診してみてください。

院長まつやま

2019-01-28 08:48:00

眼科の病気   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント