まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  ペットの白内障手術

ペットの白内障手術

ペットの白内障手術

ペットは今や家族の一員であり、ペットを飼っている家庭は16%にも及びます。
飼育環境の向上や予防医学の進歩により、ペットの世界でも高齢化が問題となっていますが、高齢化に伴い犬やネコにも白内障は必発です。私自身も犬を飼っていましたが、目を覗きこむと瞳が白くかすみ、散歩中あちこちぶつかりながら歩くようになります。

ペットの白内障には人と同様に手術を行います。ヒト用の白内障手術の器械を使って犬・ネコの手術も行いますが、意外にも動物の白内障手術は解剖学的に人よりも難しいとされ、費用も人の約3倍もします。
ヒトの場合と同じく水晶体の濁りを取り除いた後は犬・ネコ専用の眼内レンズを挿入し、ピントを合いやすくします。
また術後は炎症が強いため、写真のようなエリザベスカラーといわれる保護具を首周りに装用し、術後の感染予防に努めなければいけません。

治療費もバカになりませんが、やはりペットといえどもかけがいのない家族の一員。愛情と責任をもって最後まで面倒を見てあげなくてはいけませんね。

院長まつやま

2019-01-30 09:00:31

医療のトピック   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント