まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
EPARKクリニック病院24時間Web受付サービス初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  花粉症の飛散開始日

花粉症の飛散開始日

花粉症の飛散開始日

例年、広島のスギ花粉の飛散開始日2月中旬頃といわれますが、実際には1月から花粉症の症状を発現する方が多くおられます。
実際のアンケート調査では、スギ花粉症の飛散日当日に初期症状が出る人はわずかに2%しかおらず、飛散開始日前から発現している人が実に58%に達します
これは
花粉飛散日の定義に原因があります。
スギ花粉飛散日の定義は、
1平方cmあたり1個以上のスギ花粉を原則として2日以上観測した場合の最初の日」
と面倒くさい文面で決められています。
つまり飛散開始日は花粉の実質的な開始日ではなく、飛散開始日の前にも少量の花粉はすでに飛散しているのです。したがって、敏感な方は1月からすでに花粉症の症状を発現してしまうわけです。
ちなみに、初期症状として最も多い症状は鼻水で69%、その後、目のかゆみとくしゃみが58%、鼻づまりが30%と続きます。
すでに心当たりがある方は早めに受診されてください。

院長まつやま

2019-01-31 11:19:50

医療のトピック