まつやま眼科

まつやま眼科 広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
EPARKクリニック病院24時間Web受付サービス初診、再診で利用できます。
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  ブログ»  医療のトピック»  ベトナムのひかり(NHKドラマ)

ベトナムのひかり(NHKドラマ)

ベトナムのひかり(NHKドラマ)

これは年末年始にNHKにて放送されたドラマの題名です。
日本人の眼科医が病院を辞めてボランティアでベトナムに赴き、現地で奮闘する姿を描いたヒューマンドラマで、眼科医を濱田岳、その妻を国仲涼子が演じています。
このドラマは実際にモデルとなった眼科医がいて、私も面識のある方です。もともと九州の有名な眼科病院におられ、眼内視鏡を用いた硝子体術者としてしられていたドクターでした。やや破天荒な感のある先生でしたが、病院を辞められた後は1年の半分をベトナムで無償医療を続け、日本の医療機器メーカーの協賛にて機器をベトナムに無償提供し、現地の先生に手術を教えていました。ベトナム政府と共同で眼科病院を建てたとの話は聞いていましたが、いつの間にかNHKドラマのモデルになっているとは!

東南アジアやアフリカの発展途上国では、今でも白内障が失明原因の1位を占めています。日本の眼科医はしばしばネパールやバヌアツ、インドに定期的に訪れ、無償で白内障手術を行っています。アイキャンプとよばれるこの活動は、現地で1週間に数百例の白内障手術を行い、現地の眼科医に手術を教え、現地の眼科医療レベルの向上に貢献しています。
開業してしまった今となってはなかなか機会がありませんが、私もいつかはこのような活動に参加してみたいと思います。
服部先生、がんばれっ!

院長まつやま

2019-02-05 12:48:04

医療のトピック