まつやま眼科

広島市,南区,段原,日帰り手術,白内障手術,緑内障,コンタクトレンズ まつやま眼科

〒732-0818 広島県広島市南区段原日出1-15-13
段原スクエア2F
TEL 082-510-5533
初診受付サービス
お問い合わせはこちら
スタッフブログ
▲Mobile Site
HOME»  診療案内

診療案内

<目の病気の診断について>
当院は、前眼部から眼底まで、ほとんどすべての眼疾患を診断するための医療機器を備えています。
また当院の1階の山田外科内科にはMRICTも完備しているため、神経学的な眼疾患(視神経炎や神経障害による眼球運動障害のスクリーニング)や眼窩内のスクリーニング(眼窩内の腫瘍・炎症性病変、外眼筋病変、甲状腺眼症など)も可能です。


<コンタクトレンズについて>
当院ではコンタクトレンズの販売処方箋の発行をしております。コンタクトの処方箋のみの発行もしていますが、全くのコンタクトレンズ初心者の方は、医学的な理由から、初診時だけは当院でコンタクトレンズを買っていただくことになります。
厳選されたコンタクトレンズをお求めやすい値段で販売しております。値段等の詳細は下記のコンタクトレンズ詳細欄をご覧ください。

<手術について>
手術に関しては、すべての手術を日帰りで行うことを目標としています。
白内障手術や眼瞼手術はもとより、従来から1~2週間の入院を必要としていた硝子体手術緑内障手術も、当院では豊富な経験をもとに日帰りで手術を行っています。
ただし、全身麻酔を要するものや、小学生低学年以下の目の手術、角膜のレーザー治療(レーシックやフェムトセカンドレーザー)、角膜移植、涙道の手術は当院では行っておりませんので、その疾患やご要望に適した施設を紹介させていただきます。

<目の注射の治療について>
抗VEGF抗体の硝子体注射(アイリーア、ルセンティス、アバスチン)は、初診当日の注射が可能です(加齢黄斑変性症、近視性黄斑変性症、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病網膜症にともなう黄斑浮腫)
ケナコルトのテノン嚢下注射も初診当日の注射が可能です(ぶどう膜炎、眼窩内の炎症性疾患)
ボトックス注射は薬剤の調達が必要ですので予約となります(眼瞼けいれん、顔面けいれん)のでご了承ください。

<代表的な眼疾患について>
以下に当院で治療を行っている代表的な眼疾患について、症状と治療を簡単に説明しておりますので、参考にして頂けると幸いです。

下記の疾患については病態と治療法を紹介しています。
コンタクトレンズ・白内障・緑内障・網膜静脈閉塞症・網膜剥離・加齢黄斑変性症・黄斑上膜・黄斑前膜・黄斑円孔・網膜分層円孔・麦粒腫・霰粒腫・眼瞼内反症・眼瞼下垂・眼瞼けいれん・顔面けいれん・甲状腺眼症・バセドウ眼症

コンタクトレンズについて

まつやま眼科では医学的な立場から厳選された使い捨てコンタクトレンズを、お求めやすい価格で販売しています(左記参照)。

毎日交換タイプ30枚1か月分が2,300円~2,900円
2週間交換タイプ6枚3か月分が2,600円~2,800円
またプレミアム・コンタクトレンズとして、
乱視用30枚1か月分が3,000円
遠近両用タイプ30枚1か月分が3,000円
で販売しています(それぞれ片目の料金を示しています)。

コンタクトレンズはすべて配送となりますが、配送されるまでの数日分のコンタクトレンズは無料で差し上げます
配送料に関しては、毎日交換タイプ6箱以上2週間交換タイプ4箱以上のご注文で自宅への配送は無料となります。
なお、眼科への取り寄せの場合の送料はかかりません

またコンタクトレンズの処方箋のみの発行も可能ですが、これまでコンタクトレンズを装用したことのない全くの初心者の患者さまは、医学的な立場から、最初のコンタクトレンズは当院でご購入していただくことになります。

何卒、ご了承くださいませ。

コンタクトレンズ価格表
画像クリックで拡大

 

白内障(はくないしょう)

白内障の症状は以下のものが主です。

  • 目がぼやける
  • もやがかかったように見える
  • 光がまぶしい
  • ピントがあいにくい
水晶体はカメラのレンズに相当する部分であり、本来は透明な組織です。そのレンズが、加齢変化や病気で混濁してくると、視力低下をはじめ、上記の症状がでてきます。

白内障による混濁は手術でしか治すことができません。白内障の濁りは通常5段階に分けられますが、おおよそ2段階~3段階目になると、上記の症状が増悪するため、白内障手術をお勧めしています。
当院では日帰りで手術を行っています。手術は局所麻酔で行い、通常5~6分程度で終わります

当院長は白内障手術の経験も豊富なので、難しいタイプの白内障手術やレーシック後の白内障手術、眼内レンズの2次挿入、白内障術後合併症等のご相談もお受けします。

また現在、当院では遠近ともに焦点を合わすことが可能な多焦点眼内レンズによる白内障手術も行っております。公的保険は使えず自由診療となりますが、現在は15万円で提供させていただいています。詳しくは医師にご相談ください。

水晶体が白く混濁してしまうと、手術でしか治療することができません。

   

 

緑内障(りょくないしょう)

緑内障とは、眼圧により視神経が障害され、視野や視力に異常をきたす疾患です。
初期にはほとんど自覚症状がありませんが、40歳以上の20人に1人が緑内障であり、約半数は未治療といわれています。
        
緑内障には閉塞(へいそく)隅角タイプと開放(かいほう)隅角タイプの2種類があります。

頻度は少ないものの、閉塞(へいそく)隅角タイプは急激に発症し、一晩で失明する可能性があるため、予防的なレーザー治療白内障手術を必要とします。発症しやすい目は診察にて発症前に診断することが可能です。

日本人に多いタイプは開放(かいほう)隅角タイプの緑内障ですが、現在約300万人が罹患しており、自覚症状が出るときにはすでに発症中期になっているといわれています。現在は特殊な眼底撮影により、かなり早期より診断が可能です。またご親族に緑内障にかかった方がいる方の場合は発症しやすいことが知られていますので、早めの検診・診察をお勧めします。

治療は、まずは点眼により眼圧を下げていきます。現在は20種類以上の緑内障点眼があるので、1~3種類の点眼をくみあわせて治療を行います。
点眼治療で十分に眼圧が下がらない場合は、手術を行います。手術は眼内の房水を外に逃がすためのシャント手術が主であり、白内障手術と同時に行っても、局所麻酔で20~30分程度となります

当院長は緑内障手術の実績も豊富なので、手術の適応や手術法の選択等のご相談もお受けします。また緑内障手術も日帰りで手術を行っております。


:眼圧が上がると眼底の視神経が圧迫され、視神経にダメージをきたします。
:視神経のダメージの程度により、視野に障害をきたします。

 

網膜静脈閉塞症(もうまく じょうみゃく へいそくしょう)

眼底の網膜の血管(静脈)がつまることにより、視力や視野が障害される病気を網膜静脈閉塞症といいます。高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の方に起こりやすいことが知られています。

部分的に血管が閉塞する場合は分枝閉塞症といわれ、約50人に1人が発症します。網膜の中心部(黄斑)まで症状が進行している場合には視力低下を伴うため、視力を向上させるための眼内注射を行います(ルセンティスやアイリーヤ。閉塞部が広く、将来的に再出血や難治性緑内障に進行する可能性がある場合は、閉塞部にレーザー治療を行います。

眼底の血管が全体的につまっている場合は中心静脈閉塞症といわれ、約150人に1人が発症します。治療はほとんどの症例が黄斑にも病変があるため、眼内注射を必要とします(ルセンティスやアイリーヤ)。また黄斑病変が再発する場合には注射を繰り返します。眼底出血が高度な場合には、眼底全周にレーザー治療が必要です。

どちらも、出血が硝子体にまで広がっている症例や黄斑病変を繰り返す症例には、硝子体手術を行うことが有効な場合もあります。白内障手術と同時に行っても、局所麻酔で30~40分程度の手術で、当院では日帰りで、眼内視鏡を用いて手術を行います


:網膜静脈分枝閉塞症、静脈の一部がつまってしまい、眼底に出血をきたします。
:網膜中心静脈閉塞症、静脈の根本がつまってしまうことで、網膜全体に出血をきたしています。

 

網膜剥離(もうまくはくり)

 

眼底には網膜といわれる厚さ1㎜程度の神経の膜があり、ヒトはこの網膜でものを見ています。つまりヒトの目をカメラに例えると、網膜はカメラのフィルムに相当する部分です。網膜剥離はこのフィルムである網膜が眼底からはがれてくる病気で、約1万人に1人が発症します。
もともと眼内には硝子体といわれるゼリーがつまっていますが、この硝子体は加齢変化により必ずしぼんできます。この時、網膜上に接していた硝子体が網膜を引きちぎることで、一定の割合で網膜剥離を発症してしまいます。
同時に、あたかも虫が飛んでいるようにみえる飛蚊症や、周辺部に光が走って見える光視症を伴うことが多いので、そのような症状が現れた場合には検診が必要です。

網膜裂孔といわれる網膜剥離の前段階であれば、レーザー治療のみで外来での治療が可能です。症状が進行し、網膜剥離に至ってしまうと手術が必要となります。
手術はほとんどの症例で硝子体手術となります。白内障手術と同時に行った場合、局所麻酔で30分~1時間かかります

当院ではこのような手術も日帰りで行っております。
また当院での硝子体手術は全例で眼内視鏡を使用しています。内視鏡の使用により、従来よりも網膜剥離の再発率が少ないことが報告されています。

眼内の硝子体がしぼむ過程で、網膜に穴が開き(網膜裂孔)、その穴に眼内の水がまわりこむと網膜がはがれ、網膜剥離となってしまします。

 

加齢黄斑変性症(かれい おうはん へんせいしょう)

網膜の中心部を黄斑といいますが、この黄斑に新生血管が生えてくるために物がゆがんで見えたり、視力が低下する悪性の病気です。新生血管から出血すると大幅に視力低下をきたし、アメリカやヨーロッパではこの病気での失明率が最も高いといわれています。

頻度は少ないものの萎縮型といわれるタイプには特効薬はなく、ルテインや亜鉛、ビタミンなどが含まれるサプリメントでの予防治療が主となります。

急激に失明につながるタイプは滲出型ですが、抗VEGF抗体の眼内注射による治療が必要です(ルセンティスアイリーヤ。多くの方は複数回の注射が必要ですが、黄斑変性症の種類や重症度によって回数は異なります。
また眼内注射の効果が少ない方には特殊なレーザー治療を行うことがありますが(PDT治療)、この場合は広島大学病院や県立広島病院に紹介させていただきます。
また高度の出血をきたした症例では、失明予防のために硝子体手術を行うこともあります。

当院では、当日に抗VEGF抗体の眼内注射を行うことができるため、治療のタイミングを逃すことがありません

加齢黄斑変性症は、まずはゆがんで見える症状で発症します。出血をきたすと一気に視力低下が進行します。

 

黄斑上膜(おうはんじょうまく)、黄斑円孔(おうはんえんこう)

 

網膜の中心部を黄斑といいますが、この黄斑はものを見るのに最も大事なところです。この黄斑は、眼底でも病気が多いことが知られています。
黄斑の上に薄い膜がはって、ものが歪んで見えたり歪視症)、視力が低下する病気が黄斑上膜黄斑前膜)です。また、黄斑に穴が開いてしまい、ものが歪んで見えたり視力が低下したり見たいところだけ見えなくなる病気を黄斑円孔(穴が浅いものは網膜分層円孔)といいます。

これらの病気は失明にいたる危険性が少ないため、緊急性があるものではありませんが、そのまま放置すれば視力低下や歪視症が固定するため、ある程度進行すれば手術が必要となります。
手術は硝子体手術となります。白内障手術と同時に行った場合、局所麻酔で30分~40分かかります。また黄斑円孔の手術の場合は、術後に眼内に特殊なガスをいれたまま手術を終了しますので、2週間は自宅安静が必要となります。

当院ではこのような手術も日帰りで行っております。
当院長は硝子体手術にも豊富な実績があります。
また当院での硝子体手術は全例で眼内視鏡を使用しています。内視鏡の使用により、従来よりも術後合併症が少ないことが報告されています。

 

 

まぶたの病気

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
「ものもらい」、「めぼ」、「めいぼ」、「めばちこ」と呼ばれるまぶたのばい菌感染です。膿がたまっているため、点眼や内服で消炎を図りますが、膿が大きい場合は切開して排膿を試みます

霰粒腫(さんりゅうしゅ)
一見、麦粒腫とよく似ていますが、ずっとシコリだけ残っている場合や同じところに何度も再発する場合はこの霰粒腫が疑われます。涙に油分を分泌するためのマイボーム腺がつまり、その周囲に慢性に炎症をきたしたもので、シコリを押さえてもあまり痛くないのが特徴です。まずは点眼や眼軟膏、内服で消炎を図り、シコリを小さくしていきます。気にならない程度に小さくなれば問題ありませんが、美容的に気になるほどシコリが残る場合には手術で摘出します。局所麻酔で5~15分程度かかり、1週間後に抜糸します。皮膚の切開部は重瞼に隠れてほぼ目立たなくなります。

眼瞼内反症(がんけん ないはんしょう)
赤ちゃんから小児に見られる下まぶたの内反は、視力低下の原因になる場合は手術を必要とします。通常は年齢とともに内反が軽快してくるため、点眼で経過をみます。もし視力に影響するほどの内反症が残るときには、小学生低学年までは全身麻酔での手術が必要となりますので、大学病院等に紹介させていただきます。
また皮膚弛緩に伴う老人性眼瞼内反は毎回、外来でまつげを抜くよりは手術をお勧めします。手術は局所麻酔で5~6分程度です。

眼瞼下垂(がんけん かすい)
眼瞼下垂は、上まぶたの年齢性の皮膚弛緩に伴うものと、上まぶたの皮膚の奥にある筋肉の機能低下によるものにわかれます。
上まぶたの筋肉の機能が十分に保たれている場合は、余った皮膚を切除する手術(上眼瞼形成術)となり、局所麻酔で約15~20分かかります。
また上まぶたの筋肉の機能自体が低下している場合には、弱った筋肉の短縮も同時に行う(挙筋短縮術)ため、局所麻酔で約25~30分かかります。ともに2~3日は術後まぶたが腫れ、1週間後に抜糸します。
 
いづれの眼瞼疾患も日帰り手術で行えます。詳しくは医師にご相談くださいませ。

 

 

まぶたのけいれん

眼瞼(がんけん)けいれん
両眼のまぶたがピクピクけいれんをおこす病気です。重症化すると、自分でまぶたを開けておくこと(自発開瞼)が困難となり、運転や歩行に不具合がでてきます。初期はしょぼしょぼした感じの症状が前面にでるため、ドライアイと誤診されていることも多くあります。
治療はボトックスをまぶたの周囲に注射します。効果は3か月から6か月持続しますが、再発時にはまた注射が必要となります。

顔面(がんめん)けいれん
片方のまぶたと同側の頬がピクピクとけいれんをおこし、口角のひきつれを起こします。顔面神経の刺激が原因ですが、顔面神経そのものに異常がなければボトックスによる治療を行います。まぶたの周囲と頬部、さらに人にっては口の周囲にボトックスを注射します。効果は3か月から6か月持続しますが、再発時にはまた注射が必要となります。

 

 

甲状腺眼症(バセドウ眼症)

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺とは首の前面にあるホルモン分泌器官であり、遺伝やストレス、喫煙などにより甲状腺ホルモンの分泌が亢進すると、いわゆるバセドウ病になります。進行すると、眼球突出頻脈、首が腫れる、などの症状を発症し、生活に支障をきたすため、治療を必要とします。
逆に甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気を橋本病といい、眼科的に同様の症状をきたすことがあります。

眼科での治療
目の症状としては、まぶたや眼球後部の炎症がメインで、それに伴い、まぶたの腫れ、眼球突出、充血、ダブって見える、視力低下、黒目(角膜)の異常、視神経の異常などの症状が発症します。
もともとの病態が眼球後部の炎症ですので、まずはMRIやCTにて眼球後部の炎症の状態を把握することが大事です(当院1階の山田内科外科にてMRIもCTも施行可能です)。炎症の状態や目の症状の進行具合から甲状腺眼症の進行度を把握し、それをもとに適切な治療のご提案をいたします。


すぐに外来で行える治療はケナコルト(ステロイド)のテノン嚢下注射です。より重症な症例には、ステロイドのパルス療法放射線治療が必要となりますが、この場合は大学病院や県病院への紹介が必要となります。

当院長は、甲状腺眼症の治療では日本で最も実績のあるオリンピア眼科病院(東京)での臨床経験がありますので、甲状腺眼症でお困りの方はご相談いただけると幸いです。